ラシックスのodリスクや致死量の解説

ラシックスの過剰摂取(od)をするとどうなる?

 

睡眠薬などと違い、ラシックスは依存性が高い医薬品というわけではありません。なので、過剰摂取・大量摂取(od)のリスクが高い医薬品とは考えられていません。

 

ですが、ラシックスを飲むと目に見えてむくみが取れるために、すぐに効果が欲しいからといってだんだんと使用量が増えてくる傾向があります。実際、「1日5回服用しないと気が済まない」「1日に100錠服用してしまう」といったケースも見られるほどです。

 

ここでは、ラシックスを大量摂取(od)したらどうなってしまうのかを解説します。

 

ラシックスのodリスクとは?

 

ラシックスのodリスクとして考えられるのは、なんといっても副作用の悪化です。用量を守った場合に比べて多くの尿が排出されるはずなので、体内のカリウム量が大幅に低下し、脱水や電解質異常といった状態が現れます。その結果、

 

だるい、口渇、乾燥肌、筋肉痛、吐き気、便秘、頭痛、めまい、息苦しい

>>ラシックス【副作用が危険?利尿剤通販のダイエット!】

 

といった、ありとあらゆるラシックスの副作用が襲い掛かってくることになるでしょう。

 

また、ラシックスodの状態になっているということは、ラシックスに精神的に依存しているということでもあります。つまり、手元にラシックスがないと落ち着かない状態ということです。常に大量のラシックスを個人輸入などで買いこんでしまい、費用的負担も大きくなるほか、ラシックスを切らしてしまうことによってパニックを起こしたり、集中力がなくなるといった事態も考えられます。

 

もともとの理由がむくみ取りやダイエットであるならば、そのために生活が壊れてしまうというのは本末転倒と言わざるを得ません。

 

odを防ぐにはどうしたらいい?

 

ラシックスのodは、手元に大量のラシックスがあるから起こるわけです。なので、ラシックスを使用したいなら、医師の診察を受けて処方してもらうのが理想的です。そうすれば、せいぜい2週間分程度しか手元にないわけですから、odに至りにくくなります。

 

また、どうしても個人輸入がしたいという場合であっても、1回あたりの購入量を少なくし、手元にストックしないようにしておけば、odは回避することができるでしょう。

 

odしてしまった場合の対策は?

 

もしラシックスを過剰摂取してしまい、なんらかの体調不良が起こった場合は、胃の中にチューブを入れて胃洗浄をすることで排出を促すことになります。また、

 

  1. 昇圧剤の投与
  2. 電解液交換
  3. 副作用の対症療法
  4. 心臓・肺の診療

 

などの対策が必要になる場合もあります。いずれにしても、大掛かりな治療となるので費用負担なども大きくなります。やはり、なるべくラシックスのodは避けるべきでしょう。

 

ラシックスの致死量は?

 

医薬品の致死量は、半数致死量(LD50)という指標で提示されています。半数致死量とは、「この量を飲むと、半数の人が死亡する」という量のことです。

 

ラシックス(フロセミド)の半数致死量は1000mg/kgとなっています。体重50キロの女性の場合、LD50は50000mgとなり、ラシックス40mgの場合は1000錠以上必要となります。

 

したがって、現実的にはラシックスのodによって死に至るケースはまれでしょう。例えば「100錠飲んでしまった」からといって死亡してしまうことはほとんどないはずです。とはいえ、確率がゼロというわけではないので、もし過剰摂取してしまった場合は注意したほうがよいでしょう。