ラシックスは男性でも服用できる?

男性がラシックスを服用してもいいの?

 

ラシックスはもともと利尿剤ですが、むくみが取れるということで美容目的のようなイメージがあります。そのため、「男性が服用してもいいのかな」と考える人もいるでしょう。

 

男性がラシックスを服用するケースもある

 

すでに書いたように、ラシックスは利尿剤となります。

 

  1. 高血圧症(本態性、腎性等)
  2. 悪性高血圧
  3. 心性浮腫(うっ血性心不全)
  4. 腎性浮腫
  5. 肝性浮腫
  6. 末梢血管障害による浮腫
  7. 尿路結石排出促進
ラシックス添付文書:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00059390.pdf

 

尿が出やすくなり体の水分が減少するため、↑のような適応があります。いずれも男性にとっても関係がある疾患なので、男性がラシックスを処方されるケースは珍しくはありません。

 

中でも多いのが浮腫(むくみ)の治療です。それも美容目的のようなものではなく、心不全、ネフローゼ、肝硬変などが原因の浮腫を改善するためのものなので、処方された場合は男性でも服用するべきです。

 

個人輸入は避けよう

 

ラシックスによって、心不全、ネフローゼ、肝硬変などが原因の浮腫の治療が可能なことは解説した通りです。ただし、男性であっても、個人輸入でラシックスを入手し、その場しのぎの浮腫対策をするのは避けるべきです。

 

まず第一に、ラシックスはあくまで尿を出してむくみを改善するものであって、原因となる疾患を治すわけではありません。なので、ラシックスを服用している間、いっとき症状がらくになるかもしれませんが、根本的な解決にはなっていないのです。自己判断でラシックスを服用するのは、元になる疾患の治療を妨げることになりかねないので、避けるべきです。

 

また、ラシックスには他の医薬品同様副作用があります。副作用の知識なしで自己判断の服用をすると、低ナトリウム血症などの症状が出て命に関わることになるかもしれません。医師と相談のうえであれば、副作用症状が出たときに相談ができますが、個人輸入だとそれもできません。なので、いずれにしても個人輸入は避け、必ず医師に相談するべきです。

 

→ラシックス【副作用が危険?利尿剤通販のダイエット!】

 

ラシックスの副作用については↑でまとめてありますので、一度確認していただければ幸いです。