ラシックスとインフルエンザ予防接種・治療薬の関係

ラシックス服用中のインフルエンザ予防接種はいいの?

 

ラシックスは利尿剤という特性があるので、服用が長期になりやすいです。そのため、服用時期がインフルエンザの季節と重なる可能性もあります。そうなると、ラシックス服用中のインフルエンザ予防接種や、タミフル・イナビル・リレンザなどのインフルエンザ治療薬との併用がOKかどうか気になるところでしょう。

 

ここでは、ラシックスとインフルエンザの関係について解説します。

 

ラシックスとインフルエンザ予防接種

 

最初に、ラシックスとインフルエンザ予防接種の関係について解説します。結論から言うと、断られるケースもありえます。

 

インフルエンザの予防接種ができない条件としては、

 

  1. 発熱がある人(37.5度以上)
  2. 急性疾患がある人
  3. 予防接種でアレルギー症状を起こしたことがある人
  4. 医師に予防接種がNGと判断された人

 

↑などがあります。この中で、「医師が個別にNGを出す」ケースが該当するかもしれません。というのも、予防接種ができない条件はいろいろあるのですが、結局のところ医師が「元気がないな」と判断した場合は断ることができるのです。

 

ラシックスを医師の処方のもと服用している場合、高血圧や心不全、肝障害などの浮腫を治療中ということになります。つまり、元になる疾患については比較的重度の疾患と言うことになる場合が多いのです。

 

そうなると、インフルエンザ予防接種に耐えられる体力がない、と判断されてしまう可能性があるのです。

 

また、個人輸入で入手している場合も同じです。自己判断での入手の場合、むくみ取りやダイエットが目的のことが多いので、体は健康かもしれません。しかし、副作用が現れることによって元気がなくなり、予防接種をやめたほうがいい、と言われる可能性はゼロではありません。

 

いずれにしても、インフルエンザの予防接種は医師が判断することではありますが、きちんと「ラシックスを服用している」と申告し、体の状態を見てもらってから判断してもらうようにしましょう。

 

タミフル・イナビルなどの治療薬の併用はどう?

 

インフルエンザに感染・発症した場合、タミフル・イナビル・リレンザなどの「抗インフルエンザ薬」を使って治療するケースが多いです。これらの医薬品とラシックスの併用はどうでしょうか?

 

→併用禁忌・注意の医薬品|飲み合わせの悪いものをチェック!

 

↑のように、ラシックスは併用注意の医薬品が多いのが特徴ですが、インフルエンザ治療薬については併用注意には指定されていません。なので、基本的には併用はOKとなります。

 

念のため、医師にはラシックスの服用を申告すべきですが、それで治療薬が出されないということは少ないでしょう。

 

ただし、ラシックスとインフルエンザ治療薬の両方に「めまい」「頭痛」などの副作用の重複があります。併用することによって、症状が重くなることがあります。イナビルは1回のみの服用、タミフル・リレンザについては5日間の服用のみなので、副作用症状が我慢できるようならそのまま乗り切ってもいいですが、どうしてもつらいようなら医師に相談したほうがよいでしょう。